関宿旅籠玉屋歴史資料館をご案内

館内案内

旅籠玉屋のシンボル宝珠の虫籠窓
浮世絵師歌川広重が描いた関宿の旅籠
旅籠繁盛の印 講札
摺り上げ戸
帳場の設え
吹き抜けのカッテと“かまど”
これは何?
「セキ」「たまや」などの名が入れられた食器類
中からも見える宝珠
宿泊客の様子
中庭越しに離れ座敷を見る
離れ座敷の座敷・書院
離れ座敷の欄間彫刻
井戸端を通って土蔵に
土蔵。中には何が?
裏庭から離れ座敷を見る

この記事をシェアする。

宝珠の虫籠窓

旅籠玉屋のトレードマークと言えば何といっても虫籠窓にされた“宝珠”です。

“宝珠(ほうじゅ)”は仏教に由来し、「意のままに願いをかなえてくれるもの」の意がある霊験あらたかな印で、先の尖った球形をしています。

“宝珠”と聞くのは初めてかもしれませんが、実は多くの人が“宝珠”とは意識せずに、どこかで見ているのではないでしょうか。例えば、神社の高欄(縁の囲い)の柱の先端には宝珠(擬宝珠)が付けられています。宝形屋根の一番高いところに置かれた露盤にも宝珠が乗っかっています。救世観音の手には宝珠が乗せられています。稲荷神社の神紋は“宝珠”で、お稲荷さんの使いであるキツネ様の象徴でもあるので、稲荷神社へ行くと幟旗などにも“宝珠”があります。ねっ。どこかで見たことがあるでしょう。

いずれにしろ、炎が勢いよく上がる様は物事の始まりを感じさせ、意のままに願いをかなえてくれる、とても縁起の良い印なのです。

改めて玉屋の宝珠を見てみましょう。球形を示す円の上に3つの炎が並んでいます。先が尖った球形から炎が上がる“火焔宝珠”と言われるものです。炎は渦を巻き、その先は高く上に上がっており勢いを感じます。球形を示す円の部分の上半分には横に2本の筋が、下半分には縦に3本筋が入っています。この部分が虫籠窓になっていて、建物の内側にはめられた障子戸が少し見えています。この部分が窓になっているからこそ、玉屋の宝珠は漆喰彫刻ではなく虫籠窓なんです。

旅籠玉屋のトレードマークとして、宝珠が用いられたことにはいくつかの理由が考えられます。
まずは、やはり“宝珠”は玉屋の屋号にぴったりの印です。これは説明の必要がないでしょう。
二つ目は、“宝珠”は誰もが知る目立つ印です。玉屋を目指して東海道を旅してくる旅人たちに、こんなにわかりやすい目印は他にはありません。
そして三つめは、“宝珠”には泊まる旅人たちを喜ばせる縁起のよさがあります。縁起の良さは、客人だけでなく玉屋の主人にとっても望むところだったでしょう。


スポンサーリンク


 

歌川広重の浮世絵「旅籠屋見世之図」

東海道の旅籠の繁盛ぶりを浮世絵にした絵師がいます。東海道五十三次浮世絵を世に出した歌川広重です。広重は、東海道五十三次浮世絵で多くの旅籠を描いていますが、関宿でも「旅籠屋見世之図」を残しています。

「旅籠屋見世之図」は、天保12年(1841)~13年(1842)に江戸にあった“江崎屋”を版元として刊行された“行書版”や“行書東海道”と呼ばれている全55枚の東海道五十三次浮世絵の中の一枚です。

関宿の旅籠の店先の様子が広重らしく生き生きと描かれており、旅籠玉屋(「関宿旅籠玉屋歴史資料館」)の往時の様子を伺うことができる絵として、関宿旅籠玉屋歴史資料館の入館券には「旅籠屋見世之図」が印刷されています。

建物の入口に描かれているのは、旅籠の番頭と旅人でしょうか。番頭は愛想よさそうに笑いながら旅人の一人と話しています。旅籠の“売り”を聞いているのか、値段の交渉でもしているのでしょうか。旅人と宿の人々の掛け合いが聞こえてきそうですね。一方、後ろの旅人は交渉事は前の同行者に任せてよそ見をしています。前の旅人が先達なのでしょう。

店先には、荷物を置き、板間に腰を掛けて足を洗う旅人がいます。旅籠が宿泊者にする最初のサービスは足洗桶やたらいを出すことでした。ミセの板間にいるもう一人の旅人は裸足ですからすでに足を洗い終わったのでしょう。二人はお互いに顔を見合わせながら談笑しているように見えますが、荷物を見ると座っているのは商人。板間に立っているのは武士のようで、一緒に旅をしているのではなさそうです。互いにその日の宿が決まり、ホッとして会話が弾んでいるのでしょうか。

そして、画面左には、前掛けをつけた老婆が旅人の袖を引っ張っています。地面が少し黒くぼかされていますから時刻はすでに夕刻です。関宿には50軒ほどの旅籠がありましたから、宿泊客を確保するため少々強引な客引きもよくある事だったのでしょう。

旅人は他にお目当ての宿があるのかちょっと困惑した表情です。老婆に袖を引かれたのでは無下にもできないといったところでしょうか。袖の引き方が少し遠慮がちに見えるのは、ひょっとすると老婆の熟練の技なのかもしれません。

ちょうどこの記事を書いているのは絵と同じ夕刻。100数十年前、我が家の前でこんな駆け引きが繰り返されていたのかと考えると、とても楽しくなってきます。

 


スポンサーリンク


 

旅籠繁盛の印 講札(こうふだ)

旅籠玉屋(「関宿旅籠玉屋歴史資料館」)の店先、西側の壁に3枚の板が掲げられています。これらには、「日の丸組(京都)」「一万人組(摂丹)」「灯籠講(大阪)」と書かれてあって、“講札(こうふだ)”であることがわかります。

“講”のうち、関宿の旅籠にとっては最も関係深いのは“伊勢講”と言えます。多くの旅人を関宿に誘い、街道や宿の整備などにも協力する、宿の繁栄には欠かせない存在でした。

“伊勢講”は同じく伊勢神宮への信仰をもつ人々の集まりの総称で、日本各地に名前を違えてありました。これに参加する講員は参詣のための費用を積み立て、集まった資金で代表者を順次参詣させました。このことを“代参(だいさん)”と言います。

こうした形式は、現在の団体旅行の原型ともいわれるもので、講員が多ければ資金も潤沢となって多くの人を代参させることができ、数十人、場合によって百人を超える規模の団体旅行となりました。代参者の中には数回の代参をすでに経験した“先達(せんだつ)さん”がおり、代参者を引率しました。

代参では毎年、あるいは数年に一度は参詣するため、参詣の度に利用する指定宿“定宿(じょうしゅく)”が講ごとあり、その目印として旅籠の店先に掲げられたのが講の名前を記した“講札”でした。玉屋に残る講看板のうち一番右にある「灯籠講」の講札には、伊勢での宿泊場所となるい「御師 宇仁舘太郎太夫」の名もあります。

代参者が参詣を終え国に戻ると、講員が集まった報告会が行われました。旅慣れない講員の失敗談は、恰好の土産話となって会席を盛り上げたことでしょう。

“講札”は伊勢参りなどの講の指定宿(“定宿(じょうしゅく)”)であることを示すもので、旅籠にとっては店先に掲げる“講札”が多ければ多いほど、安心して泊まれる宿であることを旅人に示すことができ、店先の目立つところに掲げていたのです。


 

スポンサーリンク


 

隠れた関宿名物 摺り上げ戸

関宿の町家の一階開口部は、今ではガラス戸や格子戸がはめられていることが多いのですが、以前は “摺り上げ戸(すりあげど)”と呼ばれる建具が一般的でした。

摺り上げ戸は、柱に彫られた“戸溝(とみぞ)”に沿って、板戸を上げ下げする形式の建具です。戸を上げて開放すると、3枚ある板戸は開口部の上部の梁(“丁物(ちょうもの)”という)の屋内側に作られた戸袋に収められます。“木製のシャッター”あるいは“上げ下げ式の雨戸”と言えばわかりやすいかもしれません。

板戸を上げて開放すると、通りに面した部屋であるミセノマは吹きさらしになり、板戸を下ろして閉めると屋内は真っ暗になります。屋内の明暗や風雨による雨露は、3枚の板戸のうち1枚ないし2枚を上げ下げすることで調整できますが、店の機能性と通風採光といった快適性、あるいは夜間の防犯などとの両立が望めず、夏の夜間の暑さ、冬の昼間の寒さは何とも凌ぎ難いところです。

そんな建具の特性からか摺り上げ戸は現代生活には不便な点が多く、ガラス戸や格子戸へと替わっていったのだと思われます。現在でもつかわれているのは資料館など限られた建物だけになってきています。


 

スポンサーリンク


 

内からも見える宝珠

さて、“宝珠”は先(上)が尖った球形のものと説明してきました。しかし、玉屋の“宝珠”は上に三つの炎があるために、炎に隠れていて先が尖っているかどうかはわかりません。なので、ぜひ入館していただいて、2階の座敷から“宝珠”の虫籠窓の裏側を見ていただきたいのです。

2階の座敷から“宝珠”の虫籠窓を見ると、虫籠窓の障子が外からの日の光を柔らかく反射して、“宝珠”の球形の輪郭を浮きあがらせています。

ほ~ら、先が尖っているでしょう。これは、たまたまそうなったのではありません。球形が浮き上がるように、漆喰壁がその形で彫り込まれているのです。

これを作った職人さんは、しっかり“宝珠”の形を理解していたってことです。そして、“宝珠”が街道からだけでなく、宿泊客が泊まる客室からも見られるように、意識して虫籠窓を作っているのです。

街道からは炎が上がる勢いのある“宝珠”を、そして屋内からは光と影で浮かび上がる“宝珠”をです。

こんな“もてなし”を考え付いた玉屋主人とそれを可能にした職人さんたちに、拍手を送りたい気分になります。


スポンサーリンク


 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。