READ MORE

町家のオープンスペース

 関宿の街道に面した屋敷の中にはわずかばかりだがオープンスペースがある。オープンスペースとは言っても屋敷内の屋外空間、つまりは建物が建てられていない場所である。関宿のように街道に面して屋敷が連なる“まちなみ”では、それぞれの屋敷内に暮らしに …

READ MORE

町家の春は裏庭から

 今頃の関宿は、西から冷たい風が吹いて寒い日が多い。この辺りではこの西からの冷たい風のことを“鈴鹿おろし”と呼んでいる。関宿の西には鈴鹿山脈が控えていて、鈴鹿の山々を降りてくるように吹くから“鈴鹿おろし”なんだとか。まだまだ寒い日が続いてま …

READ MORE

土蔵前の“サンルーム”

 我が家には土蔵がある。町家を購入しようとしたとき、主屋の質の良し悪しは当然としても、土蔵の有無が大事な選択基準であっただけに、手に入れることができた時には大きな喜びだった。  土蔵は主屋の中庭を挟んだ対面にあり、主屋と土蔵とは“角屋(つの …

READ MORE

“土蔵”の攻防戦

 土蔵を書斎や寝室として使うことは、町家を手に入れる前からの夢だった。都合よく土蔵がある町家を手に入れた以上、この夢を実現しない手はない。  「あなただけ書斎なんて贅沢!!」「土蔵なんかに寝られるわけないじゃない。」との妻の叱責を無理やり押 …

READ MORE

小さなプライベート・ガーデン “中庭”

 古いまちなみにある町家は、間口が狭くて奥行が深く“鰻の寝床”などとも言われる。このような敷地に、前面道路に面した主屋だけでなく、離れ座敷や土蔵、納屋などが所狭しと配置されているのだから、空いている場所はあまりない。建蔽率は案外高いのである …