“関宿”案内記 目次

 当研究所ブログ「“関宿”まちなみ・町家暮らし」では、東海道五十三次の宿の中で唯一古いまちなみが残っている“関宿”を詳しく紹介していきます。
 「関宿案内記」は、関宿の歴史・建築・人を当研究所独自の観点で解説するコーナーです。 「“関宿”のことをよく知ることで、ここでの暮らしが楽しくなった」。そんな当研究所所員の体験をベースにしています。
 このブログをガイド役に“関宿”をめぐってみませんか?

目 次

じめに  ~関宿への想い~

(1)関宿の歴史

 --寺々の立地年代に宿場の発展を読み解くヒントあり

(2)まちなみ景観の特色

 --関宿のはじまりが景観に
 --屋根の高さに時の移り変わりを知る
 --“せこ”の先にはお寺がある

(3)特色のある町家と細部意匠

 --「土間は東、座敷は西」は暗黙の了解
 --関宿の町家の外観意匠 “真壁”と“大壁”
 --収納可能な縁台 “ばったり”
 --屋号を記した看板代わりの “袖壁”
 --“宝珠”は旅籠玉屋のトレードマーク
 --脇本陣の格式を伝える千鳥破風 “鶴屋”
 --関宿の一枚看板 “庵看板”
 --文明開化を関に伝えた “洋館屋”
 --窓付きの “幕板”
 --“馬繋ぎの環金具”
 --隠れた関宿名物 “摺り上げ戸”
 --願いを込めた漆喰彫刻 “鯉の滝登り”
    --(旧版)漆喰彫刻「鯉の滝登り」
 --漆喰彫刻「鶴亀」

(4)場所〃〃の物語

 --関宿 西のおさえ 西の追分
    --(旧版)関宿 西のおさえ 西の追分
 --関宿高札場
 --旅籠の店先は厳しいビジネスの場
 --浮世絵になった関宿本陣
 --明治維新とともに役割を終えた本陣
 --東海道“関宿”を見渡す。“百六里庭”と“眺関亭”
 --典型的でありながら個性的“関町並み資料館”
 --大幼名行列をお出迎え“御馳走場”
 --参宮の道しるべ “東の追分”
 --伊勢神宮ゲートウェイ “東追分一之鳥居”

(5)人にかかわる物語 ~関宿を支えてきた人々~

「“関宿”案内記」の各記事は、“関宿まちなみ研究所”が独自に取材、写真撮影、記述したものです。 正確な記述に努めておりますが、「案内」という性格上若干の脚色が含まれていることをご了承ください。
 執筆者の調査不足、誤解などにもとづく明らかな間違いがありましたら、「お問い合わせ」により、お知らせいただけると幸いです。