“関宿高札場(こうさつば)”

(4)場所場所の物語
スポンサーリンク

 高札とは、幕府が定めた法度や掟書、宿場の決まりなどを板に記したもので、高札を掲げた場所が「高札場」です。人々に周知徹底することが目的ですから、宿場の入口や中心部など、往来が多く目立つ場所に設けられました。

関宿高札場

 『東海道宿村大概帳』の記載から、掲げられていた8枚の高札に書かれていた内容を知ることができます。その内容は、生活にかかわる諸規範や、切支丹、火付、盗賊、毒薬・偽薬、徒党(ととう)の禁止などです。

宿場ならではのものとしては“駄賃の定”があります。駄賃は荷物を運ぶ時の運賃で、隣の宿場までの公定の運賃が記されています。

高札

 高札場があるこの場所は、「御茶屋御殿」と呼ばれ、江戸時代初期には本陣の役割を果たしていましたが、その後は亀山藩の施設として番所などが置かれていました。

 高札場は、間口11間余あった御茶屋御殿の街道に面したほぼ中央に、枡形状の土塀に囲まれてあり、「高サ弐間四尺弐寸 長三間弐尺五寸 幅壱間弐尺」(「御分間絵図御用 宿方明細書上帳 関宿」(服部家文書))の大きさがありました。高札場の建設、高札の付け替えなどは亀山藩が行っていました。

 江戸時代にあった高札場は、明治10年(1877)に取り壊され、現在の高札場は、平成16年(2004)3月、関宿が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されて20周年の記念として復元されたものです。

※この場所に行き、実際に見るためのヒント

●関郵便局前を目指してください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする。
(3)特色のある町家と細部意匠
唯一無二の装飾瓦

 関宿にある町家には様々な装飾的な要素がさりげなく取り入れられていることは、このブログでも何度も取り …

(1)関宿の歴史
続 今さら聞けない“東海道五十三次”

 前号では途中で終わってしまった、「今さら聞けない“東海道五十三次”」の続編です。前号では、東海道五 …

(1)関宿の歴史
今さら聞けない“東海道五十三次”

今さら聞けない“東海道五十三次”  “東海道五十三次”は歴史(社会)の教科書に取り上げられているので …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。