”関宿”まちなみ暮らし

古いまちなみで一番恐ろしいもの“大火”(その三)

その三「私に考えられること」 目  次「古いまちなみで一番恐ろしいもの“大火”」(その一)「古いまち …

”関宿”まちなみ暮らし

“コワーキングスペース”のメンバーになった件

 令和元年10月1日、「関宿まちなみ研究所」のデスクを、四日市市にあるコワーキングスペースに開設した …

”関宿”まちなみ暮らし

古いまちなみで一番恐ろしいもの“大火”(その二)

その二「防火に関わるまちなみの知恵」 目  次「古いまちなみで一番恐ろしいもの“大火”」(その一)「 …

”関宿”まちなみ暮らし

古いまちなみで一番恐ろしいもの“大火”(その一)

目  次「古いまちなみで一番恐ろしいもの“大火”」(その一)「古いまちなみは火には不利なことばかり」 …

”関宿”まちなみ暮らし

田舎暮らしの買物実態

今はと言えば全く不自由はない  最初に結論を言ってしまえば、「買物に不自由を感じることは全くない。」 …

”関宿”まちなみ暮らし

“地縁”“血縁”の整理

 いよいよ「古い町家」の売買となったとき、“そもそもこの土地と建物は誰のものなのか”が大問題となる。 …

”関宿”まちなみ暮らし

“モノ”と“ココロ”の整理

 良い古い町家が流通しないのは、売り手側に売らなければならない積極的な理由が存在しないところに原因が …

”関宿”まちなみ暮らし

古い家を手放す側の事情

 古いまちなみで知り合いが増えるにつれ、実際にお住いの方から直接話を聞けるようになった。 「先祖から …

”関宿”まちなみ暮らし

「古い町家」探しは大変

 古い建物に住むことは昔からの夢だった。  サラリーマンの父、専業主婦の母、兄弟2人の4人家族で、絵 …

”関宿”まちなみ暮らし

関宿暮らしのはじまり

 東海道は日本の東西を結ぶ幹線道路。  江戸時代には、江戸(東京)と京(京都)とを結び500キロメー …